高卒ブルーカラーの考えるあれこれ

1988年生まれ 大阪在住 二児の父

ググれ!タカハシ

先日、私と長女、私の友人でキャンプに行った。私はキャンプの経験がなく昔から憧れてはいたのだが、どうにも二の足を踏んでいた。友人もキャンプはしたことがない。特にテントは初心者では組み立てるのに時間がかかると聞いていたので、無理だと半ばあきらめていたのだ。しかし、こちらのサイト 住所不定キャンパーがお送りするキャンプ初心者の為の入門ブログ CAMP IN JAPAN!! を見て、やはりキャンプに行きたいという気持ちが強くなった。このサイトは初心者のためのキャンプについて解説していて、初心者が記憶しておく注意点やおすすめのキャンプ場を紹介していて、わかりやすくて良かった。

 

どうしてもキャンプをしたくなった私は、ものは試しだとキャンプ場に予約をとった。当然、大抵の道具はレンタルになるのだが、問題はテントとタープの組み立てだった。どのようなテントを借りられるかわからなかったので、ネットで動画を検索した。ネット上にはメーカーの公式動画から一般の人がアップしたものまでたくさんあり、私はそれらを片っ端からみて勉強した。結果だけいえば、キャンプ場で借りられたのはモンベルのムーンライトというテントで、私が調べた組み立て方と違ったので、あまり勉強した意味はなかった。管理人さんが教えに来て下さったのですぐに組み立てられた。しかし、ちゃんと調べておくことに越したことはないと思った。組み立て方に共通する部分もあったからだ。

 

 

 妻の知人にネットというか、ネット回線に疎い人がいる。私と妻は格安SIM(データ3G)とWiMAX2+のルーターでやっている。固定回線ではないのは、引っ越しする可能性があるのと、工事が面倒だからだ。もともと固定費を減らしたかったので、とにかくたくさん調べて、3大キャリアから乗り換えることにしたのだ。パソコンをよく使う、あるいはゲームするとかデイトレーダーなら安定した固定回線の方がいいし、外出先で通話をよくするなら楽天バイルなどの通話無制限などがいい(データ容量は少ないが) 人によって適切なプランは違うのでちゃんと理解しておかなければならないが、3大キャリアでも20G、30Gでコ通話無制限コースもあるのでなかなか難しい。先ほどの知人は自宅に固定回線があるのに無線LANルーターはなく、何故かキャリアからもらった月7G使えるルーターがあるらしい。よくわからなかったので聞いてみたのだが本人もよく理解してしていない。もし本当ならもらったルーターは無駄だし、知人は専業主婦なので、無線LANを導入すればスマホのデータプランは最低限ですむし、通信費を押さえられる。そう説明したのだが、要領を得なかったし、自分で調べたけどわからんといわれてしまった。

 

 

世の中には検索すれば無駄な出費を押さえられることがある。賃貸の場合、火災保険の加入は大抵必須なのだが、不動産屋から進められるものは高い。例えば日新火災保険の「家を借りるときの保健」とでは年間で四千円ほど違う。もちろん最近のウェルク騒動にみられるように、不適切な情報もたくさん紛れ込んでいるのでなんでも鵜呑みにすむのは危険だ。しかし、それらを見極める能力を含めて昨今では必要ではないだろうか。単純にググるのがうまい、と言い換えてもいい。しかし、その能力を得るためには結局ググり続けるしかないのではあるが。

広告を非表示にする