読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高卒ブルーカラーの考えるあれこれ

1988年生まれ 大阪在住 二児の父

バンダイチャンネルに救われた話

先日、アニメ配信サービス「バンダイチャンネル」に入会した。本当はdアニメストアに入会したかった。あいにくパソコンは壊れており、Kindleで視聴できるバンダイチャンネルにしたのだ。(スマホでは画面が小さすぎて嫌だ) 前から見たかった「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」と、今話題の「けものフレンズ」を観賞しているが、とても面白い。息をつかせぬ展開のガンダムは見ていて胸が苦しくなるし、けものフレンズはゆるさ全開の中に膨大な情報が仕込まれており、考察を読むだけでもかなり楽しい。私はやはり「アニメ観賞」がとても好きなんだなと思った。

 

子どもの頃からアニメが好きで、戦隊物や仮面ライダーより、勇者シリーズなどのアニメを好んだ。理由はわからないが、そういう性格だった。中学生あたりから深夜にアニメが放映していると知った。自分の部屋を持つ友人が教えてくれたのだ。確か「ちょびっツ」の話だった。私も見たかったが、その環境がなかった。私の実家は2LDKのマンションで、両親と私を含めた四人兄弟が住んでいて、自分の部屋などない。当然自分のテレビもなく、唯一の録画機器はリビングにあるVHSだ。しかし、父はリビングに布団を敷いて寝起きしており、とても録画出来そうになかった。その間にも興味深そうなアニメが次々と放映されて歯痒い思いだった。

 

私が学生時代に放映されたアニメのタイトルを思い出してみた。「妄想代理人」「サムライチャンプルー」「蒼穹のファフナー」「宇宙のステルヴィア」「創聖のアクエリオン」「げんしけん」「ラーゼフォン」……。ロボットアニメが多いのは当時スパロボにはまっていて印象的だからだ。私はずっと置いてけぼりにされた気分だった。

 

そんな訳で、二十歳で一人暮らしを始めた私は来る日も来る日もアニメばかり見ていた。帰宅して家事をすませ、食事の用意を終えたら、後はもう録画したアニメを見ているだけで十分だ。私の住んでいた物件では、NHK総合Eテレ、読売、関テレ、ABC 、毎日、テレビ大阪サンテレビ京都テレビが受信でき、毎日何かしらのアニメが見れた。一話で視聴を止めた作品もあれば、これはすごい、全部見るまで死ねないと思える作品もあった。嫌な事、辛い事もたくさんあったが、アニメを見ているとそれらを忘れられた。私にとっての癒しだったのだ。

 

私はアニメに救われてきたが、一方でアニメ観賞をしている事を知られたくはなかった。知られる事が恥ずかしいと今でも思っている。別に同族嫌悪はしていないし、周りの人でも(それこそおじさんでも)アニメ好きを公言している人もいるので気にする必要はないのだけど。それに私は他人と何かを共有して楽しむのが苦手だ。それはたとえ妻だったとしてもだ。妻はアニメには嫌悪感を持っていない。むしろ好きなくらいで、仕事が休みの日や産休中にはたまにレンタルして見ている。なんせおっぱいが出まくる作品、「聖痕のクェイサー」も普通に見れるほどだ。しかし、私はアニメを見るのを止めてしまった。

 

アニメを見なくなってから、私はよくイライラするようになった。代わりに本を読んだり映画館に行くようにしたが、それでも見たい気持ちは変わらなかった。子どもがいる大人がアニメばかり見てどうするんだと思って我慢したが、その間にもたくさんのアニメが放送されていった。心引かれる作品がある度に見れないことに落胆し、それもストレスになった。自分で決めたことではあるのだが。

 

そうして3年が過ぎたある日、Kindleバンダイチャンネルが視聴できると知った。丁度育児休暇中の妻が「マクロスΔ」をレンタルして見ており、わざわざ借りるよりこっちの方がいいよと勧めた。というより妻をダシにしただけだ。確実にバレてはいるが。Kindleならイヤフォンをつければ一人で視聴出来るし、それなりに画面が大きいので快適だ。以前ほどではないが、再びアニメを見始めた。

 

またアニメを見るようになってから私に少しだけ変化があった。ストレスを感じても受け流せるというか、心穏やかになったのだ。これには結構驚いた。私はずっと「自分の好きなことは何か?」と考えてきたが、もしかしたらこれが答えかもしれない。そう思うと少し嬉しかった。

 

「見たくてもみれない」のと「見ようと思えばいつでも見れる」のでは気持ちの持ちようがまるで違う。裁量権がある方がストレスが溜まりにくいと聞いた事があるが、つまりそういうことなのだろう。バンダイチャンネルはまさに私にとっての救いになった。子どもが二人いては使える時間は限られるが、それでも私はアニメを見続ける。この先、無数の困難が待ち構えているが、星の数ほどあるアニメが、私の背中を支えてくれている限り、頑張れる気がするのだ。